本文へジャンプします。

ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店



ライブレポート

お洒落スポット・お台場がヘンタイウィルスに感染!?カルカル史上最強のカオスイベントがここに誕生!!『ろじぱら3rdイベント・全然リアルじゃない脱出ゲーム「ヘンタイからの脱出」』ライブレポート(10.11/07開催)

カルカルでもGWに開催され大好評だった超人気イベント「リアル脱出ゲーム」。
これに参戦すること数回、未だ全敗中のろじぱら・ワタナベさん。
そのワタナベさんが自ら「リアル脱出ゲーム」を企画しました。
(勿論、本家「リアル脱出ゲーム」の許可済。)
タイトルはずばり「ヘンタイからの脱出」。
お客さんは皆、ヘンタイから脱出できるのか!?
というか、集まった120人のお客さんはヘンタイなのか!?
謎を深め、ヘンタイ度が深まる「ろじぱら3rdイベント」の模様は以下から!

Photo01
入口の看板には、お馴染み「ろじぱらキノコ」も登場♪

--

サイト開設11年目を迎える超大手テキストサイト「ろじっくぱらだいす」。
その管理人であるワタナベさん(34歳・会社員)。
今までも、カルカルでイベントを開催してきましたが、
どれもこれもヘンタイ感溢れるものばかりでした。
(ちなみに、前回の様子はこちらのレポートをご参照下さい。)

今回のイベントは「リアル脱出ゲーム」をインスパイアしたとのことで、
ワタナベさんテイストがどのようにちりばめられているのかと思ったら、

Photo02
机に置かれた説明書きには、ごく自然に「ヘンタイ」の文字が。

Photo03
ゲームに使うと思われる鍵付きの箱は、
当然のように「亀甲縛り」(※最下段注記参照)に。

既に客入れの段階でヘンタイ臭が充満していることに一抹の不安を覚えつつ、
イベントがスタートしました。

Photo04
舞台上に登場した横山店長、ワタナベさん、moon4さん。

今日のイベント趣旨を伝えていると、
横山店長の下に事件があったと一本の連絡が。
「世界中にヘンタイウィルスが蔓延しており、それがそろそろ日本にも届きそう」との臨時ニュースが。
このニュースを見て(笑いながらも)不安を感じたお客さんに対し横山店長が
「カルカルでは色んなイベントをやってるので、こういうヘンタイウィルスにも対応するため
ワクチンがあるので皆さん大丈夫です!」
と厚生労働大臣ばりに安全宣言。
そして、そのワクチンの入手方法を伝えようとした矢先に

Photo05
横山店長が何者かに狙撃される自体に。

店中が混乱に陥る中、ヘンタイウィルスを撒き散らしている武装勢力が
カルカルに乱入してきました!
これから一体どうなるのか!?

Photo06
乱入してきた武装勢力の女王様。

武装勢力乱入コントが終わったあと、
ワタナベさんから本日の脱出ゲームの流れの説明が。

Photo07
ヘンタイウィルスに感染しないよう、
ワクチンを入手することが今日のミッションです。

Photo08
会場内のあちこち(男女トイレの中も含む)にヒントがあるが、
会場内をうろつけるのは、「ヘンタイ」のみ。
ヘンタイウィルスに感染する前に、自らヘンタイになるのが第一段階!

Photo09
ヘンタイになった後にヘンタイ行為をするためのプレイ部屋も設けてあります。
やったね♪

Photo10
「ヘンタイ行為はOKだけれども、Hはダメよ♪」
という主宰ワタナベさんからの注意が。
これも一応謎解きのヒントなんですが、どんなイベントなんだ、これ。

そんなこんなで説明&諸注意があったあと、
いよいよ謎解きタイムのスタートです。
本日の制限時間は、何と50分!
超短期決戦となる脱出ゲームが幕を開けました。

Photo11
各チーム一丸となって、真剣に謎解きに挑戦中。

みんなが謎解きに真剣に取り組んでいる間、
会場内をうろつき始めたのは、先ほど乱入してきた武装勢力の面々。
会場内にヒントを貼ったり持ち込んだり、準備をし始めました。
武装勢力なので目出し帽を被っているのは分かるのですが、
何故か全員「亀甲縛り」(※最下段注記参照)スタイル。
さすが、ヘンタイ感溢れるイベントです。

Photo12
亀甲縛り(※最下段注記参照)した武装勢力。

Photo13
何故か、カメラマンも亀甲縛り(※最下段注記参照)。

Photo14
そしてこれは、カルカルの横山店長。
PA卓をいじりながらも亀甲縛り(※最下段注記参照)。
(注:今日はハロウィンイベントではありません。)

イベント開始10分で、このヘンタイ度はマズイですって。
お洒落なデートスポット、お台場なのに。
クリスマスイルミネーションが綺麗なお台場なのに。
下(ZeppTokyo)では爽やかに「新撰組リアン」やってるのに。
そうこうしているうちに、一つ目の難関である「鍵のかかった箱」を開封し、
会場内のヒントを探しにうろつき始める参加者たちが出てきました。

Photo15
箱の中に入っていたこの仮面をつけることでヘンタイ化が完了します。
これを付ければ、異性のトイレにも入れるぜぃ!
(注:謎解きの時間中限定です。それ以外の時間帯は法に抵触します。)

Photo16
勿論、女性の参加者もヘンタイ化完了!

Photo17
スク水を着せたマネキンにひれ伏す人も。
(注:ヘンタイだからひれ伏しているのではなく、マネキンに書かれたヒントを書き写しています。多分。)

Photo18
ヘンタイ達が次々とスク水マネキンに群がります。
(注:ヘンタイだから群がっているのではなく、ヒントが書かれているためです。多分。)

ヘンタイたちが会場をうろつき回り、色々やっているうちにタイムアーップ!
20組強のグループのうち、6組くらいが(ヘンタイからの)脱出に成功したようです。
傍から見ていても、結構難易度の高い問題が多いように感じたのですが、
そんな謎をも解き明かしてしまう「ろじぱらファン」は凄いなぁと思いました。
脱出出来た人も出来なかった人も、お疲れ様でした!

Photo19
こちらは脱出出来た方々。
そりゃ、誇らしげになりますよねー。

後半では、前半パートを振り返りながらのトークとなったのですが。
やはり話は「亀甲縛り」のことに。
この日のためにハンズでロープを購入し、色々試したワタナベさん。
そんなワタナベさんから、「記念に亀甲縛り(※最下段注記参照)されてみたい人、いますか?」との問いかけが。
そんな人いるわけないと、開場中の誰しもが思ったとき、挙手をした一人の女性が。
シャレじゃなく本当にしてみたいとのことだったので、
先ほどの武装勢力の女王様に登場してもらいステージ上で縛り上げてもらうことに。

Photo20
ワタナベさんたちがトークを進めている横で、
着々と縛り上げられていく女性のお客さん。
カオスすぎる会場です。

Photo21
トークでは、謎解きパートのボツねたも披露。
これは、浣腸で油分け算をやろうとしていたことを説明している図です。
写真で見ると、改めて凄い絵ですねこれは。

最初から最後までクオリティの高いヘンタイ度を見せつけた、ろじぱら3rdイベント。
今までも色んなイベントを見てきましたが、ここまでカオス感が高く、
演者とお客さんとの一体感が凄いイベントは無かったんじゃないかなぁと思います。
笑いを取りながらも、お客さんのことを考えてイベントを作り上げてきた
ワタナベさんの努力には頭の下がる思いです。
(マネキンにスクール水着を着せるヘンタイですが。。。)
次の「ろじぱら4thイベント」では、どんなカオスっぷりが見れるのか。
これからもエンターテイナー・ワタナベさんを見逃すこと無かれ!

Photo22
最後に、さっきの女性との記念撮影をするワタナベさん。
お疲れ様でした!

※注記(2010/11/19追記)
レポート公開後、ろじぱらワタナベさん宛に読者の方から
「あれは亀甲縛りでは無く、正確には『
菱形縛り』です。」
とのご指摘が入ったそうです。
『菱形縛り(菱縄縛りとも表記)』は緊縛の一手法で、縛る手順は亀甲縛りと同じですが、
正面の六角形がひし形になるのが違う点のようです。

誤った情報により関係者(主にヘンタイの皆様)にご迷惑をおかけしたことを、ここにお詫びし訂正致します。

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人)

12:30
from Twitter
@tokyoculture2 からのツイート
東京カルチャーカルチャー公式Facebookページ
USTREAM配信中!

カルカル、生中継やってます。
アーカイブあります。

お台場 近っ!!

りんかい線で新宿から23分!渋谷から17分!池袋から28分!

CMムービー
モバイル用バーコード
モバイル版
ケータイで左のバーコードを読みとるか、URLをケータイに送信してください。
スマホ用バーコード
スマホ版
スマホで見る場合は左のQRコードから!
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です